勤め先に知られるという結末になってしまうのです

自己破産手続きを実行してしまうと会社の社員たちに知れ渡ってしまったらもう顔も合わせられない、といった具合に心配に思われる読者もいるようですが、自己破産手続きを行っても公的機関から会社に催促がすぐにいってしまうことはまず考えられないので、通常ならばばれることはないでしょう。ラ・ファミーユ

一方ごく通常のケースならば破産の申し立てが済んでいるならば借りたところから会社に催促の連絡がいくということもあり得ません。あきゅらいず

しかし、自己破産による債務整理の手続きを公的な機関に訴え出るまでの間は借入先から会社に手紙が送付される可能性がありますので、そのような引き金で発覚してしまうということが十分に考えられますし、給料の没収をされてしまうともちろん、勤め先に知られるという結末になってしまうのです。ソワン

かかることに対する不安が頭から離れないのであれば、司法書士や弁護士などといった専門家に破産申告の実行を任せてみるという解決手段を検討するのがよいでしょう。Jelly Nail

司法書士ないしは弁護士などに頼んでみるケースだと直ちに借りた会社に受任通知が送付されますがこの受任通知が届けられたのちは借りたところが借入者本人に向けてじかに督促を行ってしまうことは固く禁止されておりますので、部署の人間に知れ渡ってしまうこともありません。ミリオンキングダム

加えて、自己破産申立て故に勤務先を退職しなければいけないのか否か?という疑問については、戸籍・住民台帳に掲載されるといった事態はありませんから、通常であれば会社の人間に気付かれてしまうような事態は考えられないでしょう。松尾ジンギスカン

例え自己破産というものを申し立てたことが知られてしまったとことろで自己破産というものを理由に役職から解雇してしまうことはあり得ませんし自主退職する必然性も当たり前ですが、ありません。リップルキッズパーク

しかし、自己破産手続きが会社の人間に気付かれてしまうことで職場に居づらくなって自主的に退職するケースがあるというのも本当です。ソルースジェル

月給の回収に関して、強制執行等の規則を定める民事執行法では差押禁止債権という名目の中に給料あるいは賃金といったものについて制定されておりそれらのお金については4分の1までしか差押えを認めていないのです。ブリアール

だからそれを除く75%については没収するということは不可能なのです。きらりのつくりかた

そして民事執行法内部でごく普通の一個人の不可欠な費用を設定して政令として基準(三三万円)を設定しているためそれを下回るならば25%にあたる金額しか強制執行されないように規定されています。

だから債務者がその金額以上の所得をもらっている場合は、その金額を上回る金額について全額押収することができます。

しかし破産法の変更により借金返済に対する免責許可の申立てがあり財産がないことを証明する同時破産廃止決定といったものが確定して自己破産処理の終結がされていれば、借金返済の免責が決定し、確定的になるその間までは、破産申請者の私有財産などについて強制執行または仮差押え制度の適用、仮処分などといったことが執行出来なくなりこれより先に行われている仮処分についても停止されることに変わりました。

加えて、返済の免責が決定・確定をしたケースにおいては過去にされていた差押えなどは実効性を失います。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.naturereservemiraflor.com All Rights Reserved.