www.naturereservemiraflor.com

いよいよ仕かける時という場合では一番に下準備をしなくてはいけません。トレードを行う前であるとすればその物を論理的に調べる事ができる余地があります。しかし、取引の内部に足を踏み入れると、物の見方が自分勝手なものになり状況によってはしっかりとした状況がわからなくなる危険があります。それだけにあなたのメンタルが論理的な時に、正しく準備をしておくことが必要です。その”準備”とは、はじめはあなたの筋書きを作る事から始めます。この先のこの通貨はこうだから、この通貨を勝負するというように、自分のシナリオを立てていくのだ。次に日足チャートを調べましょう。過去の為替レートの上がり下がり見極めて今現在の値動きを見ます。そうしたら、「今は割りに高い状況である」など、そうでなければ「もう大勢の人が仕かけているから、これから大急ぎでエントリーしてもすでに手遅れだな」ということが納得できます。当然、今はもうしかけるのがなすすべがないと考えたらエントリーしないで、ここは潔くあきらめることか不可欠です。どうしても自らのシナリオを妥協しないで吹っ切らずに新しく注文すると、為替相場にやられて、むしろ損失を被ることになる危険性があります。もっとも大体のケースで、準備が出来ている自分の筋書きを書いていくと、売り(または買い)が手遅れということにはならないでしょう。大方、本格的にマーケットが変化する前のはずです。次は、とりあえず自身が売買しようと思っている外貨ポジションの変化をちゃんと確かめる事が重要です。例として円安が進むと推測する物語を考えたのであれば、該当する通貨の動きに用心しておきます。相場の変化を気をつけ始めたときでは、まだまだドル円は上下動する気配を見せることなく、上下に小幅な上げ下げを繰り返しているだけでしょう。だが、その変動をきちんと確認していると、ある地点で着実にドル高の方向へとマーケットが向い始めます。このタイミングでやっとドルの取引します。通常、準偏をすればそのトレードで儲ける割合はかなり高くなるはずです。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.naturereservemiraflor.com All Rights Reserved.