www.naturereservemiraflor.com

キャッシングに関しての引き落し方式というものは、企業の経営方針如何で相当相違があっていろんな方法が取り入れられております。基本的にはスライド法やリボルディング方法が選ばれているようです。またこんな誰でもわかっているリボルディングですが本当のことを言うと算定方法に様々な方式といったものがあったりするのです。そして其の方法によって引き落しトータルが違ってしまうわけですので知ることで損なことはないでしょう。そうしたら理解しやすくこの2つのメソッドの相違に関して解説しましょう。ひとつは元金均等払いもう一つは元利均等払いというものです。両者はその名を冠する通り、元本について均等に返済していくというものと元本と利息についてをあわせて均分に払っていくという様式になります。この場ではもしも10万円借り入れたとし実際上いかような計算をするのかやってみます。利率はどちらも15%と設定し算定します。それとリボルディングに関する返済額を1万円と仮定し計算します。取りあえず元金均等払いのほうからいきましょう。この事例のはじめの返済は1万円へ金利分の1250円を加えた引き落とし金額となります。次回の返済は1万円に対して利息の1125円を計上した引き落とし金額となるのです。かくて10回で引き落しを終了させると言う様式です。一方元利均等払いとは1回目の支払に関しては1万円ですがそこから元本に8750円利子に1250円というようにして分配します。2回目の引き落しについては元金が8750円へと減った状態にて利率を勘定して1万円をまた割り振りをします。詰まるところ、元利均等払いの事例は10回で支払が終了しないという算出になってしまいます。こればかりの差異で両方がいかに違っているのかたっぷりとわかってもらえたことかと思います。元利均等というのは元金均等と比べてもと金が縮小するのが緩慢というような短所といったものが存在するのです。別のことばで言えば金利といったものをおおく返済するという状況になるのです。他方、1回の引き落しが些少な額で落着するといった強みも存在したりするのです。このような引き落し方式についての相違により、返済金額というのは相異なってくるのでご自身の好みに合う計画を取るようにしましょう。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.naturereservemiraflor.com All Rights Reserved.