www.naturereservemiraflor.com

為替介入という言葉をご存知ですか?日銀が為替介入をして新聞記事、雑誌、TV、グーグルなどの情報で見かけた方もいるでしょう。為替介入(外国為替市場介入)といえば我が国においては、・財務大臣が円相場の安定を実現させるために遂行するやり方ということで評価されています。簡潔に言うと、極度の円高・円安の場合に財務大臣の指図のもとに中央銀行(日本銀行)円の売り買いをして為替相場を安定させる、といったことです。為替介入はいくつか種類があります。1.単独介入・・・行政機関・中央銀行(日本銀行)が、東京での市場において直接市場に加わり外国為替市場介入(為替介入)をする。2.協調介入・・・多くの通貨当局が協議し各々の銀行などがお金を出してみんな一緒にあるいは断続的に為替の介入を行なっていく。3.委託介入・・・国外の銀行などへ向けて外国為替市場介入(為替介入)を委ねる。4.逆委託介入・・・日銀が海外銀行などと代わって為替介入を実施する。このように方法です。どの種類の介入も短期に、または連続的に市場にとても効果を与えるでしょう。介入の資金はさすがに面目をかけているだけにスケールが大きいです。円を基本にして考えると、普段は数銭単位で変化する為替相場が突如大きく動きをするのです。投資家の人なら一度は経験していると思いますが、ここまでは順調に含み資産(または含み損)が増えている持ち高を維持していたにもかかわらず、持っている持ち高が決済したという連絡がFX業者よりメールが・・・どの程度儲けが出たのかな(損失が出たのかな)?と思いつつ決済の状況を見ると自分の中で期待していた状況とは真逆の状態に目が点になってしまうケースがありました。外国為替平衡操作(為替介入)が行なわれた場合によく起こることなのです。この例のように為替介入が行なわれることで為替の市場の変動と反対の変動をすることがわかりました。それだけでなく変動する金の幅はものすごく大きくでかく動きますので気をつけましょう。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.naturereservemiraflor.com All Rights Reserved.